TOP >> 学生たちの声 >> 佐川高校・鈴木さん(仁淀川町役場)

優しい人たちに出会い、そして自分の町の良さを再発見しました。

研修内容について具体的に教えてください

役場の窓口業務では町民の方が安心して生活できるよう、必要な手続きや窓口相談のお手伝いをしました。保険センターではお年寄りの方と一緒に健康体操で体を動かし、会話もはずんで楽しめました。
それ以外では、木星電波観測所でNASAとの共同プロジェクトを見学させてもらって驚いたり、最終日には広報誌の作成をお手伝いさせてもらったのですが、文章を考えるのが難しくて困ったりしました。自分の記事が載るというのはドキドキしました。

仕事に対してどのようなイメージを持ちましたか?

体験する前は、役場の仕事というと机の上での事務仕事が中心だと思っていたのですが、実際は町民の方との温かい交流があったり、外に出て小さなことでもサポートをしている姿を見て、たくさんの人たちへのお役立ちの仕事だと感じました。広報誌の記事作成体験では、書く側の立場になったことで読む人のことを考えるキッカケになり、人への思いやりについて考えるきっかけになりました。
また、働くことは特別なことではなく、学校や家庭で教わる挨拶や、分からないことがあれば素直に聞くという当たり前のことが大事だと実感できました。

印象に残っている事は何ですか?

仁淀川町に住んでいるのに知らない事がたくさんありました。今回、役場で体験したことで、今まで知らなかったことに触れ、とても温かくて優しい人たちと出会うことができ、自分の町の良さを再発見することができ、とてもよかったと思います。

これをキッカケに何か挑戦したいことはありますか

これからは英語をもっと勉強して、他の国の人達と交流したいと思っています。何事もやってみないと分からないと気付いたので、世界で活躍できるようにチャレンジします。