TOP >> ヒロイン・ヒーローたちの声 >> 土佐御苑・高橋さん

職場体験

サニーアクシス南国店|久保さん

引っ込み思案の私がチャレンジしたい!と思った瞬間

 「職場体験をやろう!」と思ったのは、就職を真剣に考え始めた高校3年生の時でした。先生から職場体験を勧められ、体験先を探していると『ネッツトヨタ南国』を発見!高校1年生の時に聴いた講演で憧れていた大原さんが働いている会社だと分かり、「絶対に会いたい!」と先生に相談しました。するとすぐに日程調整をしてくれ、ちょっと引っ込み思案だった私を後押ししてくれました。

「全力で失敗しろ!」の一言に、一歩踏み出す勇気をもらった

 『ネッツトヨタ南国』では単純な接客体験ではなく、働き方について考えたり、お客様に対する想いなどのプロとしての考え方、接し方に触れ、得るものがたくさんありました。もっと勉強したくて「もう一回やりたい!」と、夏休みにおこなわれていた大学生のインターンシップに飛び込み、2回目の職場体験をしました。『なぜ働くのか?』『自分の人生をどうしていきたいのか?』などを考えていく中で、目的をもって仕事をする大切さを学びました。卒業してからは高知の老舗旅館、『土佐御苑』に就職しましたが、その時の学びは今、とても大きな力になっています。

「本気でやる!」それが成長できるキーワード

 実は、ほかにも職場体験の経験が数回あります。本気で臨んだ体験の方が得るものは大きく、困難を乗り越える力も間違いなく大きくなる!と実感しています。私は様々な業種を体験したので、就職先を決める時に幅広く考えることができました。高校生のうちにいろんな職場が体験できるのは絶好のチャンスです!せっかく就職したのに、「合わなかった」と辞めてしまうのはもったいないですからね。これからもっと体験できる企業が増えて、挑戦する高校生も増えてほしいです。さぁ、まずはチャレンジしましょう!

おもてなしの心

おもてなしの心

田舎から都会へ

田舎から都会へ