TOP >> ヒロイン・ヒーローたちの声 >> 浜幸・万々店・濱口さん

職場体験

サニーアクシス南国店|久保さん


高校入学時は、仕事のイメージなどなく「なんとなく事務職かなぁ」という程度の意識でした。その後始めたアルバイト体験が、私の未来を大きく変えることになりました。カジュアルウェアのお店で働いていたところ、若い男性のお客様がいらっしゃいました。男性が一人で来ることが珍しいお店でしたので気にかけていると、ずっと長い時間迷われている様子。思い切って声をかけてみると、彼女へのプレゼントを探しているとのことでした。ふだん身につけているアクセサリーや服装などを教えてもらいながら私なりに提案すると、ものすごく喜んでくれて。「将来は人の幸せにつながる仕事に就こう」と思うようになった経験でした。

高校3年に進み、いよいよ就職を真剣に考える時期になりました。友達の多くは県外へ進む様子で、自分もなんとなく「選択肢の多そうな県外かな」という気持ちでした。ところが、学校行事で参加した高知県内企業の会社説明会で、またもや考えが一変したのです。それがお菓子の浜幸の社長のスピーチでした。「みなさんはこれから40年も働きます。せっかくだったら、生まれ育ったこの高知に役立てることをしてみませんか?」という問いかけに「ハッ」としたのです。その後、近所の浜幸のお店に買い物に出かけてみました。私の望みに親身に寄り添ってくれ、帰る時にも気持ちのこもったお見送りをしてくださった浜幸の店員さん。アルバイトで私が体験した「仕事の喜び」が鮮やかによみがえり、就職試験を受ける決意を固めました。

入社1年目は、挫折しそうなこともたくさんありましたが、親身になって悩みを聞いてくれる先輩に恵まれ、なんとか乗り越えることができました。2年目を迎える現在は、お店の中でケーキの担当を任されており、商品のレイアウトやPOP作成、お客様に分かりやすく商品説明するための表現を考えたりと、試行錯誤しながら毎日を過ごしています。少しディスプレイを変えるだけで売上が上がって結果が目に見えたり、お勧めした商品をお客様が喜んでくださると、もっとお客様の役に立ちたい、もっといいお店にしていきたいとやる気がわいてきます。最近では常連のお客様も増えてきて、何気ない会話で笑いあったり、時に励ましの言葉をいただいたりして、「浜幸に入社して良かったなぁ」と仕事のやりがいを感じる機会が増えてきました。もちろん今も、不安になることや何をやってもうまくいかないこともありますが、仲間の助けと社長の言葉を胸に頑張っています。



→ 「浜幸・万々店」 公式ページはこちらから