TOP >> 学校の挑戦 >> 伊野商業高校・企業の授業参観日

熱血先生図鑑

クリエイターを目指す生徒が集う情報デザイン科。その授業はプロが使うデザインソフトを使いこなす実践的な内容。生徒たちは将来への期待に胸を膨らます一方で、「これでご飯が食べられるの?」「私のセンスは大丈夫?」と漠然とした不安や悩みも抱えている。「どうしたら生徒たちが前向きに挑戦できるのか…」と考え悩む先生たち。そのヒントが高知工業高校の「企業の授業参観日」にあった。社会人との交流が未来への扉を開く!「参観日を当校でも開催しちゃる!」と取り組んだ伊野商業高校の挑戦がコレだ!




「生徒たちの希望の光になれば…」そんな想いで企画した参観日。思うように参加企業を集められない…、これまでの企業との連携不足を痛感しつつも、なんとか開催にこぎつけました。「失敗を恐れず殻を破っていきなさい!」ある生徒はプロのその一声で勇気づけられたそうです。ビジネス最前線で活躍している方々と過ごす時間は、教員だけでは生み出せない貴重なものでした。生徒たちが希望に満ちた未来の夢を描けるよう、学校と企業が一体となり、地域ともしっかり連携しながら新しい企画に挑戦していきます!


「えー、こんなやり方があったんだ!」プロのイラストレーターに「 こうやると綺麗にできるよ」と声をかけられ、試してみたら驚くほどの仕上がり!心底ビックリ!感動しました。時間を見つけてはイラストを描き、友達に見てもらっている私。もっともっと成長して誰かを笑顔にしたい、幸せにしたい!でも、「本当にこれが向いているのかな…」と、自信を持てない自分もいます。今日はそんな不安が希望に変わる一日でした。何気ないイラストでも、ほんの少しのアレンジで作品に生まれ変わる。やっぱりイラストレーターは、感動を生み出す仕事でした。

→ 「高知県立伊野商業高等学校」公式ページはこちらから